松本猛(たけし) 公式サイト / 「くじら雲」の子どもたち

つれづれ日記/安曇野ちひろ美術館前館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館前館長松本猛(たけし)のBlog

カテゴリ: つれづれ日記

「くじら雲」の子どもたち

更新日:2010.06.18

?

明科にある野外保育を実践している「くじら雲」を訪ねた。細く急な山道を2~3キロほど登ったところに「くじら雲」はあった。

20人ほどの子どもたちは外を走り回り、のこぎりで木を切り、パン生地をこね、絵を描いて思い思いに遊んでいた。

大きな桑の木には手作りのブランコが下がっている。子どもたちはその木に登っていた。子どもの頃、木登りをし、穴を掘り、泥だらけになり、擦り傷だらけになって遊んでいた日々を思い出した。

この園の目標の中には「自然に対する畏敬の念を持つ」という言葉や「人と人がつながる喜びを感じる」という言葉がある。

子どもたちが山道を歩いていて、死んでいるヘビを見つけたときの話を先生がしてくれた。子どもたちはどうして死んだのだろう、と話し合いが始まり、最後は、車につぶされるといけないからと、道の脇にそっと寄せたという。

自然の中にはたくさんの生と死がある。都市生活の中では実感としてそれを感じることが少ない。野外保育の子どもたちは、変化にとんだ自然を体験しながら、友人関係や先生たちとの関係を築いていく。この子たちは、この生活の中で大切なものを身につけていくだろう。

しかし、こういう保育を実践している無認可保育園の経営は厳しい。かつては県から補助金があったそうだが、今はなくなった。

?

松本猛

つれづれ日記:新着記事から5件
2015.03.14
新しい絵本を出版しました。
2014.04.30
憲法と秘密保護法は両立するの?
2013.06.07
テレビ出演のお知らせ
2012.09.27
その日東京駅五時二十五分発
2012.08.31
りんご畑の12か月
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中
QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ