松本猛(たけし) 公式サイト / 今年もあとわずか

つれづれ日記/安曇野ちひろ美術館前館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館前館長松本猛(たけし)のBlog

カテゴリ: つれづれ日記

今年もあとわずか

更新日:2017.12.27

長いことブログをご無沙汰しておりました。

この数年、いろいろ余裕がなく、このページを開けることもなかったのですが、3年半抱えていたちひろの評伝『いわさきちひろ 子どもへの愛に生きて』が今年の10月31日に上梓できて、久しぶりにキーボードに向かいました。

ホームページもほったらかしにしていたのですが、ようやく息を吹き返しました。

おかげさまで、新聞社、雑誌、ラジオなどたくさん取材してくれまして、出版から2か月たたずに重版が決まりました。

紹介、書評記事はHPの活動情報新着欄に載せましたので、興味のある方はご覧ください。書き手によってずいぶん印象が違います。

雑誌関係は1月号などで紹介してくれるようです。

また、来年は1月5日、午前4時ごろ(!)からNHKのラジオ深夜便で40分ほど今度の本や、絵本について話します。聞き手はかつて日曜美術館などでご一緒したことのある石澤典夫さんです。朝早く起きる、あるいは4時まで起きていることは難しいと思いますので、ご興味のある方はどうぞ録音してください。生番組と同じように、ほとんどノーカットでOAされるはずです。

また、来年11月から前進座でちひろの芝居を行うことになりました。

先日、シナリオの原案を前進座の人とともに作りました。年明け早々から、脚本家や演出家と打ち合わせです。

演出家は文学座の鵜山仁さん。こまつ座で上演した井上ひさしの「父と暮らせば」の演出をはじめ、たくさんの受賞歴があり、今、最も注目されている演出家の一人です。

脚本家は、やはり文学座の女優でもありシナリオライターでもある若手の山谷典子さん。戦前、戦後の芸術家村、池袋モンパルナスに詳しく、ちひろに興味がある方だそうです。

高校時代に演劇にはまってシナリオを書いたり、演出をしていたぼくにとってはワクワクする仕事になりそうです。

来年は、時々はブログを書きたいと思っています。

どうぞよいお年をお迎えください。

松本猛

つれづれ日記:新着記事から5件
2018.01.05
あけましておめでとうございます
2017.12.27
今年もあとわずか
2015.03.14
新しい絵本を出版しました。
2014.04.30
憲法と秘密保護法は両立するの?
2013.06.07
テレビ出演のお知らせ
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中
QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ

このページのトップへ