松本猛(たけし) 公式サイト / 冠雪

つれづれ日記/安曇野ちひろ美術館前館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館前館長松本猛(たけし)のBlog

カテゴリ: つれづれ日記

冠雪

更新日:2011.12.04

冠雪した有明山と大天井岳

?

山が白くなると、今年も終わりに近づいたと思う。

薪の燃える炎を眺め、はぜる音を聞いていると心が無になって、古からの時の流れのなかに身を置くことができるように感じる。縄文の人々にとっては、冬を生き延びるためには炎がなくてはならなかった。

昨日、今日と奥蓼科の明治温泉へ出かけた。信州自遊塾の小旅行講座「カラマツストーブを囲んで信州の森を想う」に参加するためだ。標高千数百メートルの明治温泉では、今朝、車の窓に氷が張り付いていた。

講師である諏訪自然塾の塾長、清水馨さんは、野生植物のエキスパートであると同時にカラマツストーブ普及LLPの代表でもあり、縄文時代にも、大変詳しい人である。

清水さんは標高1200メートルあたりにも、縄文の遺跡があることを教えてくれた。縄文人がいのししを獲るための落とし穴もあった。同じエリアにある白井出集落はたくさんの湧水があるところで、現在、日本の集落の中でもっとも高い地域にある集落なのだそうだ。ノルウェーに行ったときも感じたけれど、人はどうしてこんなにきびしい環境の中にも、集落を作るのだろう。冬の寒さは大敵であっても、まったく涸れることのない湧き水があることや、狩猟の条件が整っていることのほうが大切だと判断した人々がいたにちがいない。

この地域にはダム計画があった。清水さんらが中心になって進めた反対運動の結果、ダムは中止になり、40ヘクタールに及ぶ計画跡地は、いま、自然林が生まれ始めている。カラマツ林が伐採された後10年以上放置されたその地には、130種以上の植物が姿を現しているという。この自然林を大切にしようと、諏訪自然塾の人々は考えている。現代において、人が手を加えない森があらたに生まれるということは稀有なことだ。子どもたちが、自然を学ぶ場にこの自然林がなることを願わずにはいられない。

カラマツストーブを囲んで、清水さんの話をうかがったが、このカラマツストーブは大変優れもので、間伐材を使って、こんなにあたたかく、扱いやすいストーブがあるのかと、あらためて感心した。(詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。http://karamatsu-stove.jp/

どうも、われわれは便利さを求めるあまり、スイッチ一つで温まるものを求め続けてしまったようだ。木を扱い、炎の力を感じることによって、自然とともに生きる人間の感覚が目覚める喜びを感じた。

明日は早起きをして林の中をゆっくり歩いてみたい。夜更かしをせずに、夜明けとともに目覚めるような生活に切り替えようか。

?

松本猛

つれづれ日記:新着記事から5件
2015.03.14
新しい絵本を出版しました。
2014.04.30
憲法と秘密保護法は両立するの?
2013.06.07
テレビ出演のお知らせ
2012.09.27
その日東京駅五時二十五分発
2012.08.31
りんご畑の12か月
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中
QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ