松本猛(たけし) 公式サイト / 安曇野ちひろ美術館「子どもの椅子」展

つれづれ日記/安曇野ちひろ美術館前館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館前館長松本猛(たけし)のBlog

カテゴリ: つれづれ日記

安曇野ちひろ美術館「子どもの椅子」展

更新日:2010.05.15

14日から安曇野ちひろ美術館で新しい展示が始まった。ちひろ展は「野の花のささやき」。世界の絵本館は「2000年代の日本の絵本展」。これは10年ごとに日本の絵本をふり返り、エポックになった絵本をピックアップする展覧会。どちらも、見ごたえ十分だが、それに加えて、今回は松本市を中心に行われている「工芸の5月」に連動して、多目的展示室で「子どもの椅子展」を開催している。

10人の木工作家が、個性とオリジナリティーにあふれた「子どもの椅子」を出品した。椅子は、眺めるだけではなく座ることもできる。初日は団体で来館した子どもたちが、一つ一つの椅子に座って楽しんでいった。それはそれで楽しい光景に違いないが、実を言うと、子どもがいない空間でこの椅子を眺めると、椅子に子どもたちが座っているイメージがわきあがり、しみじみとうれしくなる。

?

木工作家たちは、それぞれにいろいろな子どもをイメージしながら椅子を作ったに違いない。並べられた椅子には彼らのイメージした子どもたちが座っているのだ。

一脚ずつ違った木材で作られた椅子、背面に動物をかたどった椅子、小さな三角形の座面のおにぎり椅子、七つの椅子の座面が一枚板を使って作られていて木目がつながる椅子・・・。作家たちが、楽しみながら作ったに違いない作品には夢が詰まっている。木と椅子がますます好きになった。

松本猛

つれづれ日記:新着記事から5件
2015.03.14
新しい絵本を出版しました。
2014.04.30
憲法と秘密保護法は両立するの?
2013.06.07
テレビ出演のお知らせ
2012.09.27
その日東京駅五時二十五分発
2012.08.31
りんご畑の12か月
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中
QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ