松本猛(たけし) 公式サイト / 春は名のみの 風の寒さや・・・

つれづれ日記/安曇野ちひろ美術館前館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館前館長松本猛(たけし)のBlog

カテゴリ: つれづれ日記

春は名のみの 風の寒さや・・・

更新日:2012.03.30

春は名のみの 風の寒さや ・・・

と歌うのは安曇野を舞台にした歌、早春賦だった。

3月も下旬というのに、このところ雪の舞う朝が続く安曇野。

それでも日差しが出れば、シジュウカラは春の歌を歌い、コゲラが木をつつき、ツグミの群れが田んぼに姿を表す。庭を歩いていて、枯葉の陰にフキノトウが顔を出しているのを見つけた。

よくよく眺めてみると蕾の中から芽が顔をのぞかせ、ひしめき合っている。おしくらまんじゅうをしながらあたりの様子をうかがっている子どものようだ。

信州ではフキノトウをフキッタマと呼ぶ人がいる。

「おい、フキッタマ、出てきたな」と心のなかで声をかけてみる。

かつて、絵本作家の田島征三が『ふきまんぶく』という素敵な絵本を作った。あの絵本ではこのフキノトウの芽がたくさんの女の子の顔になっていた。

そんなことを思い出しながらも、春の味を楽しみたくなって、今夜はフキッタマのパスタを食べた。

夜空を眺めると三日月の下に金星が輝いていた。

春の香りを味わいながら、同じ月と星が輝いているはずの福島では、フキノトウをたべられないのだと思う。

悲しい春を迎える人々がたくさんいる。

松本猛

つれづれ日記:新着記事から5件
2015.03.14
新しい絵本を出版しました。
2014.04.30
憲法と秘密保護法は両立するの?
2013.06.07
テレビ出演のお知らせ
2012.09.27
その日東京駅五時二十五分発
2012.08.31
りんご畑の12か月
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中
QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ