松本猛(たけし) 公式サイト / 沖縄新聞

つれづれ日記/安曇野ちひろ美術館前館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館前館長松本猛(たけし)のBlog

カテゴリ: つれづれ日記

沖縄新聞

更新日:2010.12.26

?

安曇野ちひろ美術館がある北安曇郡松川村の中学3年C組が「沖縄新聞」を発行した。

内容も体裁も見事なもので、ぼくは思わず引き込まれて熟読してしまった。何がすごいのかというと、取材力だ。一面トップは普天間中学3年4組生徒へのアンケートをもとに記事が書かれている。

「他県の中学生は沖縄の基地問題に対して関心があると思うか」という問いに対して、35人中29人、82.9%の人が「ないと思う」という回答だった。さらに、沖縄新聞の記者は、長野県内の中学にもアンケート調査を行い、大半が基地問題についてあまり知らないという回答を得ている。中学生という自分たちのたちの視点で調査をしていることが、記事を魅力的なものにしている。

県内の沖縄出身者への取材やさまざまな調査を行い、沖縄の歴史を掘り下げ、基地の問題点を自分たちの考えで整理している。12ページの記事はどれもが興味深く、違う生徒たちが執筆を担当している。おそらく事前の編集会議がしっかりと行われたうえで、役割分担が決まったのだろう。

社説ならぬ級説では、「守るための基地が、攻撃の対象になるということも、考えていくべきです。」と記し、「沖縄県民の今までの苦しみを知った上で、もう一度、沖縄に基地が必要かを考え直すべきだと思います。」と結ぶ。菅首相にも読んでもらいたい新聞だ。

この「沖縄新聞」の興味深い点は、授業で沖縄を学ぶのではなく、新聞を発行するという目的を持ったために、中学生たちが自力で取材をし、調査をしていることだ。中学生の能力にも驚かされたが、指導方法一つで、中学生の可能性が大きく広がることを感じさせられた。こういう教育こそが今の時代には必要なのだろう。

?

松本猛

つれづれ日記:新着記事から5件
2015.03.14
新しい絵本を出版しました。
2014.04.30
憲法と秘密保護法は両立するの?
2013.06.07
テレビ出演のお知らせ
2012.09.27
その日東京駅五時二十五分発
2012.08.31
りんご畑の12か月
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中
QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ