松本猛(たけし) 公式サイト / 雨の日の散歩

つれづれ日記/安曇野ちひろ美術館前館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館前館長松本猛(たけし)のBlog

カテゴリ: つれづれ日記

雨の日の散歩

更新日:2010.09.23

?

雨の秋分の日。突然のように涼しくなった。傘をさして長靴を履き、ウインドブレーカーを羽織って散歩に出かける。

刈り入れの終わった田んぼに水が溜まっている。あぜ道でツユクサを見つけた。しゃがみこんで、ひょうきんな顔に挨拶をする。雨にぬれたツユクサのほうが晴れの日より青も鮮やかになるし、表情もいい。川原に出るところで、ノコンギクの薄紫の花があった。横には終わりに近づいた萩が雨にぬれていた。

川の水は、昨夜からの雨でにごり、増水していた。こんなとき、砂礫は水に運ばれてゆく。遠くに砂防ダムが見える。

どこの小さな川でも、川を歩いていくと砂防ダムを見かける。もともと砂防ダムは土砂災害を防ぐために造られるようになったのだが、災害など起こらない小さな河川にも次々と造られ、自然景観や生態系を破壊することにもつながった。一つ造ると、次々と上流にも造らざるを得なくなる。建設業者にとっては都合のいい公共工事だった。

近年、砂防ダムの問題点を指摘する人が増えている。自然の川の流れに対して、人工のコンクリートの壁を造ることで、一時しのぎをするという発想自体を代えていかなければならない。10年ほど前の河川法改正も、遅まきながら、この問題に気づいて行われた。森林整備や、山の乱開発を見直すことこそ大切だ。自然とともに生きるという思想がもっと広がってほしい。

川原ではまだオオマツヨイグサが少しばかり黄色い花をつぼませて立っていた。今夜も花を開かせるのだろうか。林を抜けて我が家へ向かう。大きなクモの巣の中ほどで、おなかの大きくなったジョロウグモが捕らえたアブを逆さまになって食べていた。よく見ると、体の模様がなかなか美しい。いずれ、たくさんのクモの子を産むのだろう。

落ち葉が敷き詰められたフカフカの林の中では、明日あたりからキノコが出始めるかもしれない。暑い夏は終わった。

?

松本猛

つれづれ日記:新着記事から5件
2015.03.14
新しい絵本を出版しました。
2014.04.30
憲法と秘密保護法は両立するの?
2013.06.07
テレビ出演のお知らせ
2012.09.27
その日東京駅五時二十五分発
2012.08.31
りんご畑の12か月
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中
QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ