松本猛(たけし) 公式サイト / 「ちひろと一茶」 2009.3.7信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

活動情報»活動情報一覧

カテゴリ: 活動情報 >雑誌・新聞掲載・出版

「ちひろと一茶」 2009.3.7信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

更新日:2010.01.16

「信濃では月と仏とおらがそば」「名月や江戸のやつらが何知って」「何のその百万石も笹の露」など一茶の句として親しまれてきたこれらの句は、最近の研究によると真作ではないらしい。    明治以降の一茶再評価の中で、彼は反骨の庶民派俳人として人気を博し「迫真の偽作」がいくつも作られたようだ。偽作者は信州人だろう。一茶と信州を愛し、江戸にも、加賀百万石にも一矢報いたいという思いが、こうした句を生んだに違いない。  一方、藤沢周平の『一茶』や田辺聖子の『ひねくれ一茶』などの小説では世をすねた複雑な人間として一茶像が描かれる。小説としては「気立てのいい人」では面白くない。そこで、嫡男にもかかわらず15歳で江戸へ奉公に出され、後に継母と弟を相手に執拗な遺産相続争いを演じた一茶がクローズアップされる。  しかし、心を無にして句と向き合うと、反骨でも、ひねくれでもない、心優しい一茶が見えてくる。  今回出版した『ちひろと一茶』(信濃毎日新聞社)では、手前味噌で申し訳ないが、ちひろの絵と一茶の句が驚くほど響きあっている。あまりの相性のよさについ調子に乗って、ちひろと一茶の架空対談まで書いてしまった。二人は150歳の年齢差を越えて意気投合してくれた。 「愛らしく両手の迹の残る雪」「雪とけて村一ぱいの子ども哉」こういう眼差しを持つ一茶も見てほしい。(出版記念展「ちひろと一茶」は安曇野ちひろ美術館で5/12まで)

松本猛

活動情報雑誌・新聞掲載・出版:新着記事から5件
2015.10.19
11/4 「ちひろ美術館のコレクションの魅力」 高橋明也さんと対談
2015.10.17
11/8 上越市講演会
2015.10.17
10/23 横浜美術大学 講演会
2015.06.16
6/17 夜10時 BS朝日「黒柳徹子のコドモノクニ」」出演
2015.02.24
3/21  三上満さん《記念講演》と《対談》
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中

活動情報

ブログ

QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ