松本猛(たけし) 公式サイト / 「オバマ」 2009.1.17信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

活動情報»活動情報一覧

カテゴリ: 活動情報 >雑誌・新聞掲載・出版

「オバマ」 2009.1.17信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

更新日:2010.01.16

1月20日、オバマが大統領に就任する。世界最強国の舵取りをする人間の影響力は大きい。アメリカは、世界は変わるのだろうか。 昨年11月、大統領就任受諾演説の最後にオバマは一人の支持者の話をした。その人は106歳の黒人女性で、かつて二つの理由から選挙に参加できなかったといった。一つは女性だったから、もう一つは皮膚の色が違ったからだと。オバマは女性と黒人への差別の歴史を語り、彼女はアメリカがいかに変われるかを知っていると述べてYes we canとその話を締めくくった。  オバマの演説には、常に弱者への言葉がある。失業した労働者が息子の薬代を払えないこと、学費がなく大学をあきらめた女性、イラク戦争で息子を失った親の生活などに思いを寄せ、政策の優先順位を少し変えれば可能性が開けるという。  また、彼は将来を考える。アメリカを作ってきたのは創造性と革新性だと語り、数学や科学の知識とともに創造性を養うために芸術教育に力を入れるという。  アメリカがオバマを登場させた背景は、アメリカ自体が強者の論理では立ち行かなくなったからだ。弱者の視点を持つオバマをアメリカ国民は選んだ。しかし、経済や社会システムがそう簡単に変わるとは思えない。それでも、オバマへの期待は膨らむ。 アメリカに追随して強者の論理を押し進めてきた日本の政治も変わるべきときが来ている。

松本猛

活動情報雑誌・新聞掲載・出版:新着記事から5件
2019.09.18
NHKラジオ深夜便 雑誌再録
2019.09.18
時事通信書評「輓馬の歌 久保克彦の青春」
2019.09.18
前進座公演「ちひろ ―私、絵と結婚するの―」パンフレット
2019.05.07
学校図書館 第24回「日本絵本賞」選考報告
2019.03.16
キリスト教保育「絵本て何?」
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中

活動情報

ブログ

QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ

このページのトップへ