松本猛(たけし) 公式サイト / 「ローランサン」 2009.11.12信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

活動情報»活動情報一覧

カテゴリ: 活動情報 >雑誌・新聞掲載・出版

「ローランサン」 2009.11.12信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

更新日:2010.01.17

東京の画廊の一室。ローランサンの優品が並べられていた。作品を買うときの緊張感は展覧会で絵を見るときとはまったく違う。自分の感性を可能な限り研ぎ澄まして、美術館と作品の運命を決める。いま、安曇野ちひろ美術館に初出品されている「ブリジッド・スールデルの肖像」はそのようにして収蔵品になった。 ちひろはこんな言葉を残している。「はじめてローランサンの絵を見たときは、本当におどろいた。どうしてこの人は私の好きな色ばかりでこんなにやさしい絵を描くのだろうかと」軍靴の足音が迫る時代、十代のちひろはローランサンの絵に憧れ、家には複製画が掛けられていた。ちひろの色感の向こうにはローランサンの色が潜んでいるのかもしれない。 ちひろより35歳年長の彼女はピカソらの画家仲間と親しく交わるが、画風は影響を受けず、自分の世界を貫き通す。やわらかで甘美な絵の背後には強い信念があった。その姿勢はちひろにも通じるように思える。  淡いブルーのワンピースを着て白い犬を抱えた少女を描いた「ブリジッド・スールデルの肖像」は40歳のときの作品。典型的なローランサンスタイルに入る前だが、この絵には彼女の素直で優しい感性が溢れている。 「ちひろとちひろが愛した画家たち」展は11月30日まで。他にちひろが師事した岡田三郎助、丸木位里、俊夫妻、初山滋などの作品も出品されている。

松本猛

活動情報雑誌・新聞掲載・出版:新着記事から5件
2015.10.19
11/4 「ちひろ美術館のコレクションの魅力」 高橋明也さんと対談
2015.10.17
11/8 上越市講演会
2015.10.17
10/23 横浜美術大学 講演会
2015.06.16
6/17 夜10時 BS朝日「黒柳徹子のコドモノクニ」」出演
2015.02.24
3/21  三上満さん《記念講演》と《対談》
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中

活動情報

ブログ

QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ