松本猛(たけし) 公式サイト / 「偲ぶ会」 2009.8.4信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

活動情報»活動情報一覧

カテゴリ: 活動情報 >雑誌・新聞掲載・出版

「偲ぶ会」 2009.8.4信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

更新日:2010.01.17

「KURA」や「Nao」の編集長だった市川美季さんが47歳の若さで突然逝ってから1年。偲ぶ会が長野市のカフェで開かれた。案内状には「都合のいい時間に、小さな思い出を持っておいでください」と書かれていた。    会場には、彼女が好きだった飲み物や軽食が用意され、人々がくつろいで静かに語り合っていた。二階に上がると市川美季さんの愛用の品や、多方面にわたる仕事が展示されていた。中央ではテレビ出演していたときの画像が流れている。 「編集長は指揮者のようなものだと思います」画面の中の彼女が語った。なるほど、一冊の雑誌を音楽に見立てていたのか、と思う。「町をデザインしたい」とも言っていた。会場の「ベーカリーズ・ストリート&カフェ」も、善光寺に近い「ぱてぃお大門」も、JA直売所「門前農館(もんぜんのやかた)」も彼女のプロデュース能力が発揮された場所だという。  集った人々と挨拶していると、彼女を通して知り合った人がたくさんいることに気づいた。彼女は人間関係のコーディネーターでもあった。 市川美季さんが会わせたいといっていた人とも出会い、久しぶりに会うさまざまな分野の人々と語り合いながら、ふと、彼女が横にいるような錯覚を覚えた。  こういう偲ぶ会ができるのは、パートナーをはじめ残された会社のメンバーの中に彼女の精神が生きているからに違いない。

松本猛

活動情報雑誌・新聞掲載・出版:新着記事から5件
2015.10.19
11/4 「ちひろ美術館のコレクションの魅力」 高橋明也さんと対談
2015.10.17
11/8 上越市講演会
2015.10.17
10/23 横浜美術大学 講演会
2015.06.16
6/17 夜10時 BS朝日「黒柳徹子のコドモノクニ」」出演
2015.02.24
3/21  三上満さん《記念講演》と《対談》
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中

活動情報

ブログ

QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ