松本猛(たけし) 公式サイト / 「吉永小百合」 2009.8.20信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

活動情報»活動情報一覧

カテゴリ: 活動情報 >雑誌・新聞掲載・出版

「吉永小百合」 2009.8.20信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

更新日:2010.01.17

長崎に原爆が落とされた8月9日、安曇野ちひろ美術館で松川村の中学生を対象に吉永小百合さんの原爆詩の朗読会が行われた。  吉永さんは原爆症に悩む役を演じたことを契機に1986年からボランティアで被爆者が書いた原爆詩の朗読会を始め、各地を巡って子どもたちに原爆の悲惨さを語り続けている。  朗読が始まると、中学生たちは詩に聞き入った。すぐれた俳優が心を込めて語る言葉には力がある。涙ぐむ子も少なくなかった。あの密度の濃い時間は子どもたちの記憶に深く刻まれたに違いない。  実は、朗読会の前日、吉永さんは来館者に混じって一人で美術館を歩いていた。絵を見たあとで、「『母べえ』の母親役を演じるとき山田洋次監督から渡されたのがちひろさんの描いたお母さんの絵だったの」と微笑みながら気さくに語ってくれた。  ところが取材に対しての大女優のガードは固かった。事前告知は不可。事前告知をすればサユリストが押しかける可能性があるからだろうか。インタビューも写真撮影も不可。撮影者は一人で写真は許可されたものしか使用できない。吉永小百合のイメージを守るというのは大変なことなのだろう。十代から50年もの間、女優として役を演じると同時に、女優吉永小百合を演じ続けてきた強さと、原爆詩の朗読を20年以上続ける信念とはどこかでつながっているように思われた。

松本猛

活動情報雑誌・新聞掲載・出版:新着記事から5件
2015.10.19
11/4 「ちひろ美術館のコレクションの魅力」 高橋明也さんと対談
2015.10.17
11/8 上越市講演会
2015.10.17
10/23 横浜美術大学 講演会
2015.06.16
6/17 夜10時 BS朝日「黒柳徹子のコドモノクニ」」出演
2015.02.24
3/21  三上満さん《記念講演》と《対談》
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中

活動情報

ブログ

QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ