松本猛(たけし) 公式サイト / 「アバター」 2010.2.18信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

活動情報»活動情報一覧

カテゴリ: 活動情報 >雑誌・新聞掲載・出版

「アバター」 2010.2.18信濃毎日新聞「松本平タウン情報」展望台(エッセイコラム)に掲載

更新日:2010.02.20


「アバター」

世界一の興行収入に貢献するのかと思いつつ「アバター」を見た。2時間40分という時間を感じさせることなく観客を楽しませる映画作りは確かにすごい。
魅力はどこにあるのだろう。3DやCG技術による見事な映像はその一つだ。宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」や「天空の城ラピュタ」やスピルバーグ監督の「ジェラシックパーク」などのいいとこ取りをしているのはちょっと気になるがエンターテイメント映画に徹しているとすれば納得できる。しかし、それ以上にぼくが面白いと感じたのは物語を作る視点だ。今までのSF映画の多くは悪魔のようなエイリアンと戦う正義の地球人たちが主人公だった。ところが、「アバター」は地球に似た美しい神秘の星パンドラとそこに住む人間に似た民族を設定することにより、地球人がエイリアンとして描かれる。視点の逆転が新鮮だ。
実は、この地球人の姿は15世紀にはじまる大航海時代のヨーロッパ人に重なる。彼らはアジア、アフリカ、アメリカ大陸を次々と植民地化し、その地の自然と融合した文化を破壊し、莫大な富をヨーロッパにもたらした。さらに言えばベトナムやイラクでアメリカ流の正義を振りかざし、軍事力で他国を制圧しようとしてきたアメリカ軍を彷彿とさせるところもある。
この超娯楽映画大作の背後には現代社会、現代文明への鋭い批判がひそんでいる。

松本猛

活動情報雑誌・新聞掲載・出版:新着記事から5件
2015.10.19
11/4 「ちひろ美術館のコレクションの魅力」 高橋明也さんと対談
2015.10.17
11/8 上越市講演会
2015.10.17
10/23 横浜美術大学 講演会
2015.06.16
6/17 夜10時 BS朝日「黒柳徹子のコドモノクニ」」出演
2015.02.24
3/21  三上満さん《記念講演》と《対談》
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中

活動情報

ブログ

QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ