松本猛(たけし) 公式サイト / 2010.2.10朝日新聞〈長野版〉「時計をはずして」(エッセイコラム)に掲載

活動情報»活動情報一覧

カテゴリ: 活動情報 >雑誌・新聞掲載・出版

2010.2.10朝日新聞〈長野版〉「時計をはずして」(エッセイコラム)に掲載

更新日:2010.02.12


「星を、天の川を、見られる幸せ」

ガリレオが初めて望遠鏡で天体観測を行ってから400年が過ぎた。それを記念して昨年、国際天文学連合の総会がブラジルで開催された。決議案は「夜空の星を見ることは社会文化的、そして環境的な意味での基本的権利だ」と訴えた。
現在、世界では20億人以上が天の川を見ることができないそうだ。都市部の照明の三分の一近くは上方に向かい、光は無駄に空を照らしているという。環境への関心は高まっているが、闇の減少については無関心な人が多い。それどころか、豊かさの象徴として光を求める人の方が多いかもしれない。大都会では街路樹をイルミネーションで飾ることは当たり前になった。あの光の強さに慣れると、夜空を見上げても星の存在にすら気づかないかもしれない。
四方を山に囲まれた静かな町、福井県大野市は「感性はがき展」を主催している。毎回自然をテーマに葉書での絵や言葉のメッセージを募集しているが、今回のテーマは「星」だった。私は審査員を務めているので、全国から寄せられた「星」への思いをたくさん目にした。子どもや若い世代の作品で印象深かったのは、星として地球を認識している人が多いことだった。宇宙空間から見た地球の画像が身近になった世代なのだ。一方、年配の世代は星空の記憶を語る人が多かった。たとえば風呂屋の帰り道で見上げた夜空や、終戦後捕虜になった外地で故郷を思いながら眺める星の話だ。
都市部に生活する人が多い日本では、今やかなりの人が天の川を見ずに一生を終えるのかもしれない。たとえ田舎に住んでいようと、夜空を見上げる機会は確実に少なくなっている。牽牛と織姫の七夕伝説はいつまで語り伝えられるのだろう。
安曇野に住む私は幸いなことに天の川を見ることができる。今夜は久しぶりに星座早見表を手に夜空を眺めてみよう。

(安曇野ちひろ美術館/長野県信濃美術館館長 松本 猛)

松本猛

活動情報雑誌・新聞掲載・出版:新着記事から5件
2017.12.13
【出版】「いわさきちひろ」紹介記事
2017.12.13
【連載記事】画家たちの季節
2015.10.19
11/4 「ちひろ美術館のコレクションの魅力」 高橋明也さんと対談
2015.10.17
11/8 上越市講演会
2015.10.17
10/23 横浜美術大学 講演会
クリックしてFeedを登録サイト全体の新着情報をFeed配信中

活動情報

ブログ

QRコード/ケータイで見る

ケータイでもご覧いただけます。
左のQRコードを読み込んでください。うまく読み込めない場合は下のURLを直接入力してご覧ください。

URL → http://www.takeshi-matsumoto.jp
→

美術館サイト紹介

安曇野ちひろ美術館サイトへ
ちひろ美術館・東京サイトへ
長野県信濃美術館サイトへ
東山魁夷館サイトへ

このページのトップへ